自己破産者による消費者金融カードローンの再利用

自己破産者による消費者金融カードローンの再利用

男性のイラスト図

「自己破産をしたって、事故記録の消える5年間を我慢すれば、またカードローンを利用できるようになるよ」と豪語する人がいます。

 

何か誤解しているようですが、「借金が無くなった」のではなく、「借金を踏み倒した」のが正解です。

 

確かに、指定信用情報機関である日本信用情報機構やCICのホームページにはともに自己破産の記録は5年で消去されると記載されています。

 

ただし、利用者が自己破産したことによって貸付金を回収できなくなった消費者金融はその記録をブラックリストとして何十年も保管し続けます。

 

当然、貸付金を踏み倒された消費者金融とその関連企業は自己破産をした本人から借入の申込を受け付けることは二度とあり得ません。

信用情報で破産情報が消えても官報からは消えない!

なお、銀行の信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターは自己破産の記載されている官報記録を10年間保管しています。

 

そして、日本信用情報機構とCIC、全国銀行個人信用情報センターはCRINというシステムを利用して定期的に事故情報などの交流を図っています。

 

そのため、10年間は消費者金融も自己破産の情報を共有できることになり、自己破産者はその間新たな借入ができません。さらに、官報に記載された情報は消去されることが無いため、自己破産をした人はいつでもその過去を知られる状態にあります。

 

ところで、すべての事故記録が消去される10年間を待った後で、過去利用したことの無い消費者金融に借入を申込んだとしても、申込者の信用情報を照会した時にどこの業者からも10年の間、照会記録や貸付記録の無い「不可思議な状態」が見つかるとすぐに返済事故を疑われ、官報を調べられて自己破産が露見します。

 

指定信用情報機関に事故情報が消えたからと言って自由になったわけではありません。

 

消費者金融が過去に自己破産をした人に貸し出すということは、回収リスクを避ける観点から見ても、可能性は非常に低いと言わざるを得ません。なおかつ、現在は総量規制や上限金利の引き下げによって消費者金融は利益が薄くなっており、審査がより厳しくなっています。

 

ちなみに、前記のことはテレビCMを流したり、都市銀行のグループに加わったりしている大手消費者金融に当てはまることで、全消費者金融がそうであるとは言えません。

 

例えば、小規模な消費者金融の中には売上を優先させるために、返済事故の履歴のある人にも貸出をするところがあります。

 

ただし、自己破産者に貸出をする業者には違法な闇金業者が非常に多いため、安易に借りると生活が破綻することにもなりかねません。街金を利用する場合は、必ず業者の登録番号を確認し、正規の業者かどうかを調査してから利用するべきです。


page top