西濃信用金庫カードローンはぶっちゃけどうなの?

西濃信用金庫カードローンの金利はいくら?

西濃信用金庫カードローン画像

岐阜県には7つの信用金庫がありますが、ほとんどが明治・大正時代に創立された金庫であるのに対し、唯一、揖斐郡大野町にある西濃信用金庫は昭和23年創立という新しい金庫です。

 

ちなみに、西濃という名前は旧美濃国の西部という意味です。西濃信用金庫には5種類のカードローンがあります。

リブロ

利用限度額は30万円のみで、金利は11.0%と都市銀行カードローンよりお得です。借入はATMから行いますが、西濃信用金庫の他、銀行などの提携金融機関のATMも利用できます。

 

返済は随時返済になっており、利用者が任意の日に任意の金額をATMや窓口から入金します。なお、利息に関しては、毎月10日に西濃信用金庫口座から引き落とされます。

せいしんカードローン

利用限度額は10万円単位で50万円までの5コースがあり、金利は14.3%と「リブロ」より高くなっています。借入・返済方法は「リブロ」と全く同じですが、利息の扱いが違っており、毎年2月と8月にまとめて口座から引き落とされるか、借入元金に組み込まれます。

タイムリー

借り入れ条件は西濃信用金庫の住宅ローンを利用しているか、同金庫を給与や年金の受給口座に指定している、または、「アンパンマンの子育て応援積金」もしくは「アンパンマンのスーパ―積金」を契約していることです。

 

利用限度額は50万円と100万円の2コースで、金利は6.0%と優遇されています。借入・返済方法、及び、利息の支払い方法は「リブロ」と変わりません。

きゃっする

利用限度額は10万円単位で300万円まであり、専業主婦は50万円まで利用できます。借り入れ方法は他のカードローンと変わりませんが、返済は毎月10日の口座引き落としになっています。

 

約定返済額は返済日前日の借入残高によって決まるため、借入残高の増減によって約定返済額も変動します。借入残高が30万円以下の時の約定返済額は5千円、30万円超50万円以下では1万円、50万円超100万円以下では2万円などとなっています。

学資カードローン

借入の対象となる教育施設は保育園から予備校、専門学校、大学院まで可能です。カードローン(当座貸越)期間は4年6か月で、卒業予定月の末日が限度であり、期間が終了した時点で借入金を返済できない場合は、返済専用の証書貸付に切り替わります。

 

利用限度額は50万円から300万円まで10万円単位になっており、金利は3.45%と非常に恵まれています。カードローン期間中の返済は元金が据え置かれ、利息のみが毎月10日に口座から引き落とされます。なお、任意返済として元金の返済をすることも可能です。

 

西濃信用金庫のカードローンはオリックス銀行カードローンとよく比較されますが、スペック的にはオリックス銀行の方が断然上になっています。


page top