消費者金融審査情報サイト!【口コミや評判】

消費者金融審査情報サイト!【口コミや評判】

消費者金融審査情報サイト!【口コミや評判】

消費者金融審査についての総合情報サイトです。いろいろな消費者金融会社の審査について、口コミや評判などを掲載していきます。

 

消費者金融から借りたいけど、自分がどの消費者金融に申込みしたら借りれるのか?パートやアルバイトでも審査可能な消費者金融はどこ?など、当サイトを見れば自分に合った消費者金融が必ず見つかります!

 

消費者金融審査内容から、借入に関する豆知識、お得な情報など、今すぐ借りたい人の為の総合情報サイトです。

消費者金融の審査はどんなことを調べるの?

消費者金融の審査では、大きく分けて3つの審査があります。

消費者金融審査の大まかな内容
  1. 申込内容から属性の審査
  2. 信用情報を照会して総量規制や事故情報の審査
  3. 在籍確認の審査
属性の審査

最初の審査は申込み内容からの属性審査になります。属性とは、勤続年数や居住年数、年収、家族構成など、借金の内容以外での審査になります。

 

ここで無職の人は当然断られます。又、極端に勤続年数が短い(1ヶ月未満)や専業主婦、連絡先が無い人など、ここでふるいにかけていきます。

信用情報の審査

属性の審査に通った人は、信用情報が調べられます。信用情報とは、指定信用情報機関のことを指し、貸金業法では融資の審査時に必ず指定信用情報機関の情報を照会しなければならないことになっているのです。

 

指定信用情報機関とはJICCとCICのことで、ここには、氏名、生年月日、住所、自宅電話番号、勤務先電話番号、携帯電話番号、勤務先会社名、借入の総額、残高、前回返済日、次回返済期日、過去の返済状況、融資申込み件数など、かなり細かな情報が登録されいているのです。

 

ここで、総量規制(年収3分の1を超える貸付は禁止となっています)によって、落とされる人、他の借金返済が遅れている人、過去に債務整理や自己破産をしている人は審査に落とされます。

 

属性の審査と信用情報の審査で10人申込みがあったならば、4人ぐらいは落とされる確率と考えてください(大手消費者金融の場合)。

在籍確認の審査

属性と信用情報で落とされなかった人は、最後に在籍確認の審査になります。在籍確認とは勤務先や自宅に電話をして働いているのか確認することです。

 

審査担当者が電話する場合が多いですが、社名では電話せずに個人名で電話を入れますので、まず消費者金融からの電話とは気づかれません。

 

本当は昨日付で会社を辞めている人や、ずっと欠勤していて出勤予定が未定な人、在籍はあるがほとんど働いていない人などは、この在籍確認の電話によってばれてしまい、ここで落とされることになります。

 

消費者金融の審査は大まかに言えば、上記の3つです。3つと言っても、それぞれ細かく調べることがありますので、項目にしたら数倍の審査項目になります。

 

しかし、この3つのポイントを押さえれば、ほとんどの人は消費者金融の審査基準はOKとなるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

島根信用金庫カードローン画像

島根県には3つの信用金庫があり、その内一番大きいのが出雲市にある島根中央信用金庫です。

 

一番大きいとはいえ、預金総額は1千6百億円程度であり、全国的には小さな規模になります。島根中央信用金庫は5つのカードローンを販売しています。

バンビ300

利用限度額は10万・30万・50万・100万・200万・300万円の6コースがあり、パート・アルバイト、専業主婦は10万円コースのみ利用できます。

 

また、200万・300万円コースを利用する場合は勤続3年以上で年収200万円以上を必要とします。金利は100万円コースまでが14.6%、200万円コースは12.0%、300万円コースは9.8%になっており、都市銀行のカードローンより若干高めです。

 

借入はATMから行い、返済は毎月10日の島根中央信用金庫口座からの引き落としで、約定返済額は利用限度額コースごとに定められています。

 

50万円コース以下の約定返済額は1万円、100万円コースは2万円、200万円コースは3万円、300万円コースは4万円です。なお、約定返済の他に任意返済としてATMからの入金もできます。

ハンディ

利用限度額は30万円と50万円の2コースのみであり、パート・アルバイト、専業主婦は30万円コースに限定されます。金利は両コース共14.6%で「バンビ300」と同じです。

 

借入・返済方法も「バンビ300」と変わりませんが、約定返済額は30万円コースが5千円で、50万円コースは1万円です。

きゃっする

利用限度額は10万円単位で500万円まであり、専業主婦は50万円が上限です。金利は5.8〜14.6%の間で審査によって適用金利が決められますが、「バンビ300」とそれほど変わらない金利に設定されます。

 

借入・返済方法は「バンビ300」と同様ですが、約定返済額は利用限度額ではなく返済日前日の借入残高によって決まるため、常に一定なわけではありません。

 

借入残高が30万円以下の時の約定返済額は5千円、30万円超50万円以下では1万円、50万円超70万円以下では1万5千円などとなっています。

教育プランカード

子どもの就学に必要な資金の借入を目的とするカードローンです。利用限度額は50万円から10万円単位で300万円まであり、金利は3.08%と非常に優遇されています。

 

さらに、島根中央信用金庫で給与の振込や公共料金の引き落とし、しまちゅう倶楽部への加入などの取引があると金利の割引が受けられ、最高で2.68%まで金利が下がります。

 

カードローン期間は最長5年で、その期間中は元金の返済が据え置かれ、利息のみが毎月口座から引き落とされます。なお、卒業予定月の3か月後に証書貸付に切り替わり、元金を返済していくことになります。

 

総合的に見て、島根中央信用金庫のカードローンは、他の信金カードローンと同レベルになっています。消費者金融大手などでは、借りられなかった人でも信用金庫のカードローン審査に通った情報もありますので、審査は厳しいと思いますが、一度チャレンジするのは良いことだと思います。

 

信金の審査には、年収が重要になっています。カードローン年収は特に銀行がよく見る項目なので、年収が低い人は、消費者金融の方がおすすめとなります。

続きを読む≫ 2017/01/11 18:18:11

男性のイラスト図

「自己破産をしたって、事故記録の消える5年間を我慢すれば、またカードローンを利用できるようになるよ」と豪語する人がいます。

 

何か誤解しているようですが、「借金が無くなった」のではなく、「借金を踏み倒した」のが正解です。

 

確かに、指定信用情報機関である日本信用情報機構やCICのホームページにはともに自己破産の記録は5年で消去されると記載されています。

 

ただし、利用者が自己破産したことによって貸付金を回収できなくなった消費者金融はその記録をブラックリストとして何十年も保管し続けます。

 

当然、貸付金を踏み倒された消費者金融とその関連企業は自己破産をした本人から借入の申込を受け付けることは二度とあり得ません。

信用情報で破産情報が消えても官報からは消えない!

なお、銀行の信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターは自己破産の記載されている官報記録を10年間保管しています。

 

そして、日本信用情報機構とCIC、全国銀行個人信用情報センターはCRINというシステムを利用して定期的に事故情報などの交流を図っています。

 

そのため、10年間は消費者金融も自己破産の情報を共有できることになり、自己破産者はその間新たな借入ができません。さらに、官報に記載された情報は消去されることが無いため、自己破産をした人はいつでもその過去を知られる状態にあります。

 

ところで、すべての事故記録が消去される10年間を待った後で、過去利用したことの無い消費者金融に借入を申込んだとしても、申込者の信用情報を照会した時にどこの業者からも10年の間、照会記録や貸付記録の無い「不可思議な状態」が見つかるとすぐに返済事故を疑われ、官報を調べられて自己破産が露見します。

 

指定信用情報機関に事故情報が消えたからと言って自由になったわけではありません。

 

消費者金融が過去に自己破産をした人に貸し出すということは、回収リスクを避ける観点から見ても、可能性は非常に低いと言わざるを得ません。なおかつ、現在は総量規制や上限金利の引き下げによって消費者金融は利益が薄くなっており、審査がより厳しくなっています。

 

ちなみに、前記のことはテレビCMを流したり、都市銀行のグループに加わったりしている大手消費者金融に当てはまることで、全消費者金融がそうであるとは言えません。

 

例えば、小規模な消費者金融の中には売上を優先させるために、返済事故の履歴のある人にも貸出をするところがあります。

 

ただし、自己破産者に貸出をする業者には違法な闇金業者が非常に多いため、安易に借りると生活が破綻することにもなりかねません。街金を利用する場合は、必ず業者の登録番号を確認し、正規の業者かどうかを調査してから利用するべきです。(参考サイト:消費者金融でキャッシング!

続きを読む≫ 2016/07/13 16:20:13

消費者金融の審査は昔よりも厳しくなっています。なぜならば、まず貸金業法が改正となって、貸金業規制法だったものが、貸金業法、つまり「業法」と特別法になったことから、消費者金融会社にかかる規制はより一層強くなっているのです。

 

貸金業規制法から貸金業法になった大きな違いは、総量規制についてです。

 

総量規制とは、年収3分の1を超える貸付を消費者金融は禁止!とした法律であって、以前まではこんな法律はありませんでした。

 

借金とは貸す・借りる側のお互いの同意があって成り立つものであり、双方の利点がマッチすれば貸すのははっきり言って、貸付側の自由なのです。

 

そこまで国が関与して規制すると言うのは、日本以外では考えられない事です。金利に関しても外国はもっと高いところもあります。

 

ちなみに韓国の消費者金融はいまだに日本よりも高い金利で貸し付けを行っていますが、日本の影響もあって、徐々に金利は下がっています。

 

韓国でも日本同様、借金は恥ずかしいイメージが強いらしく、借りたものは返すというのが根底にあり、それによって貸倒率は高金利でもそこまで高く無いようです。

 

話しがずれましたが、消費者金融の審査は昔の方が遥かに審査に通りやすかったわけです。

 

例え300万円の借金があったとしもて、消費者金融側が返済ができると判断すれば融資をしていました。

 

借金が多い人は少額融資しか借りることができなくなり、最初は50万円借りれた人も200万円以上の負債を抱えると、10万円しか借りられなくなってしまいます。

 

最終的には5万円しか借りられない人もいました。今思うと、5万円借りても借金の返済をして無くなってしまうものですが、それぐらいの借金がある人はすでに自転車操業となっており、どうにかして借金を返済することしか頭にないのです。

 

そう考えると、昔の消費者金融は審査が通りやすい反面、過剰融資と言われても仕方ない審査状況だったのは、否めません。

 

借入する側には今は総量規制によって、借入が厳しいのですが、消費者保護の観点からすれば、こっちの方が良いと言っている人もいるのです。

続きを読む≫ 2015/07/14 01:24:14

近年はネットバンクの数が増えていますが、ネットバンクの代表とも言えるのが「楽天銀行」であり、その楽天銀行の扱うカードローンが「スーパーローン」です。

 

スーパーローンの利用者は非常に多く、貸出総額は消費者金融最大手アコムの約3倍になっています。

 

スーパーローンの特徴としては、複数の消費者金融からのカードローンをまとめるためのおまとめローンとして積極的に勧めていることがあります。

 

また、消費者金融のカードローンでは借入額が一定額を超えると収入証明書の提出が義務となっていますが、スーパーローンでは借入額が300万円まで収入証明書の提出が不要です。

楽天銀行カードローンのメンバーズデスクを使いこなす!

なお、スーパーローンを利用する上で欠かせない機能が「メンバーズデスク」です。

 

スーパーローンでは借入や返済の申込がインターネットから24時間可能となっています。

 

借入の時はホームページにあるメンバーズデスクにログインし、キャッシングの申込フォームに希望額を入力すれば、事前に登録してあった銀行口座に借入金を振り込んでもらえます。

 

返済も同様、メンバーズデスクからインターネットバンキングを利用していつでも即時に返済が可能となります。インターネット返済は振込手数料が掛かりませんし、追加返済にも利用できます。

 

このメンバーズデスクを上手に使いこなすことが、楽天銀行カードローンを使いこなすことに繋がるのです。

 

ちなみに楽天銀行カードローンは総量規制対象外で年収3分の1は関係がありません。総量規制対象外については、総量規制超えて借りれる?年収3分の1以上でも申込み可能!←このサイトで勉強するのがおすすめです。

続きを読む≫ 2014/09/17 16:12:17

オリックス銀行カードローンは有名なオリックスグル―プのカードローンです。銀行カードローンと聞くと審査が厳しいと考える人が8割程度もいるみたいですが、オリックス銀行の審査はどうなのか?

 

オリックス銀行カードローンの審査は、みずほ銀行カードローンや、三井住友銀行カードローンに比べると、厳しくはありません!

 

まず、金利が3.0%〜17.8%で設定されており、17.8%の金利は、あまり内容(属性)が良くない人でも融資ができるような金利設定です。

 

上限金利がプロミスと同じになっていることで、プロミスと同等の審査レベルと言っても良いかもしれません。

 

しかし、それはあくまで17.8%の借入であり、12%台や10%以下の借入審査になれば、やはり審査はどうしても厳しくなってくるでしょう。

 

申込の仕方はすべてWEB完結でできるので、来店は一切不要です。又、所得証明書が300万円まで必要ないのもオリックス銀行カードローンの大きな特徴と言えます。

 

おまとめローンなどの大きい借入を狙うひとであれば、所得証明不要は大きな魅力です。年収はあくまで自己申告となりますので、そのような場合はオリックス銀行カードローンに申込みすることをおすすめいたします。

続きを読む≫ 2014/07/08 13:12:08

消費者金融と言えばプロミス!待ち行く人に「知っている消費者金融は?」と聞けば、多くの人が答える超有名消費者金融です。

 

その為、初めて消費者金融で借りようとしたら、多くの人がプロミスへ申込みするでしょう。では、そのプロミス、審査はどうなのか?厳しいのか?これについて書いていきます。

プロミスの審査は決して厳しくありません!

プロミスの審査は正直厳しくありません。厳しくないというのは、どれ程のレベルなのか?にもよりますが、まず、消費者金融から借入したことがなく、今回初めて借りる人で、勤続年数半年以上、年齢20歳以上60歳未満であれば、90%以上は審査に通ると言えるでしょう。

 

消費者金融の審査で通らない人の多くは多重債務者です。5件以上借りている人は、大手消費者金融ではなかなか借りることができません。

 

そのような人は、もうすでにプロミスでは借りている人であって、もともと借りる時には、プロミスの審査に通過していたことになります。

 

プロミスは大手消費者金融で新規成約率(貸付率)は40%以上となっていますので、100人申込した場合、約40人以上は借りられることになっています。

 

しかし、これはあくまで大手消費者金融の為、1件目に申込みしてくる人が大半という事情も大きく関係しているのを忘れてはなりません。

続きを読む≫ 2014/07/08 12:29:08

ホーム RSS購読 サイトマップ